スロットの神様

スロット関連情報サイト

「国民的美少女」音楽部門賞の花岡なつみが8・12歌手デビュー!

:湛然 ★@\(^o^)/ :2015/06/18(木) 05:18:50.54 ID:???

昨年の「第14回全日本国民的美少女コンテスト」で音楽部門賞に輝いた花岡なつみ(18)が
8月12日に歌手デビューすることが17日、分かった。

デビュー曲「夏の罪」は、花岡の歌声にほれ込んだシンガー・ソングライター、
鬼束ちひろ(34)が自身以外のアーティストに初めて書き下ろした楽曲だ。
さらに、同曲は7月9日スタートのテレビ朝日系「エイジハラスメント」(木曜後9・0)の主題歌に大抜てきされた。

花岡は3月に地元、広島の高校を卒業し、上京したばかりの18歳。
14歳のときから歌手を目指し、Perfumeらを輩出したアクターズスクール広島でレッスンを積んだ実力派だ。

昨年の「全日本国民的美少女コンテスト」は、“歌って踊れる”美少女の発掘を目的に開催された。
花岡はつぶらな瞳に加えて、安定した歌唱力が審査員の目にとまり、歌手への登竜門である音楽部門賞を獲得した。

同コンテスト出身者では上戸彩(29)や剛力彩芽(22)らが歌手デビューしているが、
いずれもブレーク後で、選考直後のソロ歌手デビューは27年の歴史で初。

「夏の罪」は鬼束が作詞作曲したミディアムナンバーで、花岡の18歳とは思えない
大人びた伸びのある低音が魅力的だ。きっかけは、花岡が敬愛する鬼束のヒット曲「月光」
(2000年)を同コンテストで歌唱した際、事務所関係者が鬼束の声と合っていると感じ、鬼束にオファーした。

「月光」や荒井由実(現・松任谷由実、61)の「卒業写真」などを歌う花岡の声が入ったデモを聴いた鬼束は快諾し、
「特に『卒業写真』が私の胸にグサッとなりました。平成には、こういう歌える子は多分出てこないと思う」と絶賛した。

花岡は「聴いてくださった方々が何か感じていただけたらうれしい。
これからもっともっとスキルをあげないと」と気を引き締めた。

さらに、同コンテストの先輩、武井咲(21)の主演で、内館牧子さん(66)が脚本を手掛ける
話題作「エイジハラスメント」の主題歌に同曲が決まった。新人歌手が連ドラ主題歌に抜てきされるのは極めて異例だ。

主演の武井は「きれいの中に独特な力強さを感じられる歌声とメロディーで、
ドラマに追い風を吹かせてくれる気がします」と主題歌との相乗効果を期待する。

歌声と美貌を兼ね備えた花岡が、鬼束、武井との強力タッグで、華やかに歌謡界に打って出る。

・清楚な顔立ちからは想像もつかない、大人びた低音の魅力で歌謡界に打って出る花岡なつみ


http://www.sanspo.com/geino/news/20150618/geo15061805050014-n1.html
2015.6.18 05:05


続きを読む

明るく見えて実は「波乱万丈な人生」だと思う有名人ランキング

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/06/19(金) 10:12:01.69 ID:???

テレビでは常に明るく、何不自由なく人生を楽しんでいるように見える有名人の中には、実はかなり壮絶で波乱万丈な人生を歩んできた人も少なくありません。
そこで今回は、明るく見えて実は「波乱万丈な人生を送っている」と思う有名人について探ってみました。

■明るく見えて実は「波乱万丈な人生」だと思う有名人ランキング

1位:安室奈美恵

2位:明石家さんま

3位:華原朋美

4位LiLiCo
5位杉田かおる
6位後藤真希
7位遠野なぎこ
8位岸部シロー
9位加護亜依
10位酒井法子
11位矢口真里
12位保阪尚希
13位六角精児
14位中島知子
15位酒井若菜
16位麻生久美子

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/022id/hD0tfszs7SRD/p2/

1位は《安室奈美恵》でした。今では日本を代表する歌姫の一人と言っても過言ではない《安室奈美恵》。
その歌声とルックスは多くの女性の憧れの的です。しかし、実は波乱万丈な人生を歩んできたことでも有名。
21歳のときには実母が事件に巻き込まれ亡くなり、その後は自身が離婚を経験しました。
そんな風に見えないように振る舞っている彼女の強さも、長年多くの女性から支持される理由のひとつのようです。

2位は《明石家さんま》でした。お茶の間の人気者で、悩みを持っていなさそうな《明石家さんま》。
しかし幼いころに実母を失くし、のちにできた義母からは冷たくあたられる幼少時代を過ごしていたそう。
そして弟を火事で失くすという悲しい出来事も経験しています。
そのような話をテレビでは一切しないので意外と思う人も多いのかもしれません。

3位は《華原朋美》でした。20代前半、小室哲也プロデュースで爆発的にヒットした《華原朋美》。
順風満帆な歌手人生をスタートさせたと思いきや、数年後には小室哲也と破局。復帰と休養を繰り返す日々が長く続きました。
ここ数年はまた元気な姿を見る機会も増え、ホッと一安心したファンも多いのではないでしょうか。

このように、テレビでは明るく見える有名人も、実は波乱万丈な人生を送っている人は少なくありません。
それを感じさせないのも、プロの力量のひとつなのかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2015年3月11日〜2015年3月16日

有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)

http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/gooranking/news/20150616/gor1506160728001-n1.htm
2015.06.16



続きを読む

いずりなの顔www

:47の素敵な :2015/06/21(日) 15:38:09.75 ID:qjRT5Q89

渡辺麻友@ karaage_mayu
こんばんは〜そしてただいま!
今日は、まりんちゃんといずりなと大分県に行ってきました!初大分!
豊後大野市の魅力を沢山堪能してきました😋
その模様が7/1のテレビ大分「ゆ〜わくワイド」内で放送されます。大分県の皆様ぜひご覧下さいませ!







続きを読む
ギャラリー
  • 【1回転目】まどマギで『本当のオスイチロンフリ』を決めた画像に対する反応www
  • 【1回転目】まどマギで『本当のオスイチロンフリ』を決めた画像に対する反応www
  • 【1回転目】まどマギで『本当のオスイチロンフリ』を決めた画像に対する反応www
  • まどマギで奇跡が起きない人wwwww(画像あり)
  • まどマギで奇跡が起きない人wwwww(画像あり)
  • パチンコ業界の闇(連絡ノート)を入手した・・・
  • パチンコ業界の闇(連絡ノート)を入手した・・・
  • 【悲報画像】盗忍!剛衛門の引き弱さんがこちら
  • ハナハナ鳳凰のあるあるグラフがこちらwww
最新コメント